【名古屋旅行記】名古屋名物 ひつまぶし「あつた蓬莱軒」と「熱田神宮」観光

スポンサーリンク

【名古屋旅行記】名古屋名物 ひつまぶし「あつた蓬莱軒」と「熱田神宮」観光

名鉄名古屋駅から熱田神宮へ

【名古屋旅行記】名古屋名物 ひつまぶし「あつた蓬莱軒」と「熱田神宮」 に行きました。

数十年ぶりの名古屋です。
ちゃんと観光したことはありません。

名古屋と言えば、味噌カツ、味噌煮込みうどん、ひつまぶし・・・
もう年なので味噌カツはパス、暑いので味噌煮込みうどんもパスです。

ひつまぶしを食べたいと思います!
オススメをいろいろと調べると、ひつまぶしで有名なのは、「あつた蓬莱軒」というお店のようです。
熱田神宮の近くにあるようです。

「あつた蓬莱軒」公式サイト
http://www.houraiken.com/


早速、名鉄名古屋駅から神宮前という駅へ行きます。



名鉄神宮前で下車します。



熱田神宮の中を通って、「あつた蓬莱軒」神宮店へ

「あつた蓬莱軒」神宮前店は、熱田神宮の正門(南門)の近くにあるようです。

名鉄神宮前を出ると広いコンコースがあります。
左手に熱田神宮と思われる森が見えます。



付近の案内図を見ると、ここからは、最寄りの入口は、東門のようです。



東門に到着です。
東門付近は駐車場になっています。



東門をまっすぐ進みます。



東門をまっすぐ歩くと正参道に出て、ドン突きます。
向かって左に行くと正門(南門)大鳥居が見えます。

聖域への出入口です。
境内の南側に建つ凛とした佇まいの大鳥居らしいですね!(^^)



正門(南門)大鳥居です。
この辺りまで来ると、何やら、かすかに、うなぎの匂いがしてきます!



「あつた蓬莱軒」で予約、待ち時間は約1時間!

正門を出て、交差点を渡ったすぐの所に「あつた蓬莱軒」があります。



お店の様子です。



早速入ります。
今の時間は、まだ11時40分過ぎです。
待っている人も数人のようです。ラッキー??



違いました!?(^^;;
中に入った左手に待合室があり、満杯です!!!(^^;;

でも予約ができるようで、約1時間待ちで私たちの案内時間は、12時50分とのことです。
時間があるので、熱田神宮にお参りに行きます!(^^)

熱田神宮へお参りへ!

今度は、正門大鳥居から入ります。

「熱田神宮」公式サイト
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/


正門大鳥居の手前左手に上知我麻神社の鳥居があります。



「上知我麻神社」です。
「知恵の文殊さま」とも呼ばれ、命名・学業成就の信仰が伝わるお社らしいです。
向かって右側が「大国主社」、向かって左側が「事代主社」です。
熱田の大黒様・恵比寿様と知られ「初えびす」は多くの参拝者で賑わうらしいです。



家内安全、商売繁盛を祈願します。



「別宮八剣宮」というお社です。
和銅元年(708年)に鎮座され、ご祭神には本宮とご同前とのとこらしいです。
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などの武家が崇敬したお社らしいです。
ここでも、家内安全、商売繁盛を祈願しました!(^^)



手前、左側にある木は、「太郎庵椿」とういう木です。
江戸時代の中頃、現在の名古屋市中区の古渡に住んでいた「高田太郎庵(藪下屋太郎兵衛)」という茶人が「やぶ椿」をこよなく愛していたということから、この名がつけられたと言われているらしいです。

熱田神宮 本宮へ

正門(南門)で一礼して、正参道を歩いて、本宮に向かいます。

正参道の途中に「きしめん」のお店があります。
「宮きしめん」というらしいです。



結構満員です。



種類も豊富なようです。
セルフサービスのようです。



お土産も販売しています!



「宮きしめん」を後にして、再び正参道を歩いて、本宮へ向かいます。

「手水舎」があります。
まずは、身を清めます。



途中、「大楠」と言う、大きな楠木があります。



境内を見守る巨木で、弘法大使が自ら植えたと伝えられているらしいです。



高さ20m、幹の周りは7m、樹齢は1000年を超えるらしいです。



鳥居の手前に「信長塀」があります。
織田信長が桶狭間の戦いで大勝した礼に奉納した土塀らしいです。
勝運が宿る土塀らしいです。



西宮神社の大練塀、京都三十三間堂の太閤塀と並ぶ日本三大土塀の一つらしいです。



本宮の鳥居をくぐります!(^^)



本宮です。
熱田の社の聖域らしいです。
縁深い熱田の社の最も奥に位置し、3種の神器のひとつである草薙神剣を祀っているそうです。
伊勢の神宮と同じ建築様式になっているそうです。



ここでも、家内安全、商売繁盛を祈願します!(^^)

こころの小径

本宮の横から「こころの小径」という小道があります。
清水社に通じているようです。



途中、守衛室があります。



突き当りが、「一之御前神宮」とういう神様がおられます。
天照大神の荒魂を祀っていると書かれております。
本宮に隠れて、かなり神聖な場所のようです。



ここでも、家内安全、商売繁盛を祈願します!(^^)



次に「清水社」に向かいます。
願いが叶う清らかな水があるらしいです。



水の神、罔象女神を祀っているそうです。
社の奥の湧水は、願いが叶う水とも言われているそうです。
湧水を肌につけると、美肌の効果があるらしく、奥さん、ハンカチに湧水を浸して肌につけています。(^^;;



こころの小径を出ると「神楽殿」に出てきます。



園内には、「ならずの梅」という梅の木があります。
江戸時代模写の享禄古図にも描かれているそうで、桃薄色の清らかな八重の花が咲くそうですが一度も実をつけたことがないそうです。



宝物館

12時50分の15分前になります。
もうすぐ「あつた蓬莱軒」の予約の時間です。

宝物館があり立ち寄ります。



国宝・重要文化財が107点収蔵されているそうです。



入口に太郎太刀(真柄太刀)と呼ばれる大きな刀な展示されています。
こんな刀、本当に振れるの?飾り物?



「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを堪能!

まずは、メニューです。



うまき定食には鰻巻きとミニのひつまぶしも付いているそうです。
鰻巻きも食べたいのでうまき定食とひつまぶしを注文します。
当然、ビールも注文します。

ひつまぶしの薬味がきます。



うまき定食の鰻巻きがきます!
美味しいそうです!!(^^)



うまき定食のミニのひつまぶしと肝吸いではなく普通のお吸い物がきます。
肝吸いでないのが残念です。(; ;)



ひつまぶしもきます。
美味しそうです!!(^^)



食べ方の説明を読みます!
4当分に分けて、まずはそのままで食べるそうです。
その次に薬味を付けて、次に薬味とだし汁をかけて食べるそうです。
最後に一番気に入った食べ方で食べるそうです。



名古屋での初ひつまぶしでした!
美味しくいただきました!!(^^)



皆さんも名古屋に行かれましたら、「熱田神宮」と「あつた蓬莱軒」に行かれてはいかがですか!!(^^)

帰りには、さすが奥さん!(^^;;
甘いものですね!
入ってきた東門の前の「きよめ餅」というお店でお餅を買うようです!!(^^;;



しっかり購入です!



昔懐かしい甘さのある柔らかいお餅でした!!



皆さんも、熱田神宮の参拝の折には購入されてはいかがですか!!

そして、 【名古屋旅行記】名古屋名物 ひつまぶし「あつた蓬莱軒」と「熱田神宮」 に行かれてはいかがですか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Trip-Partner スカウトチーム より:

    平素より楽しくブログを拝見させていただいております。 弊社はTrip-Partner(https://trip-partner.jp/ )という新しい旅行情報メディアを運営しております。 この度、海外旅行情報のみではなく日本国内情報の記事を扱いたいと思っております。 是非貴方のような内容に富んだ読者にとってためになる記事を弊社のサイトに投稿して頂きたいと思いまして、ご連絡差し上げました。 報酬としては3000文字程度で3000円を考えております。 もしご興味ございましたら範國(ノリクニ)宛(japan-director@trip-partner.jp)にメールを頂くことは叶いますでしょうか? その際メールにブログのURLを記載いただければ幸いです。 何卒宜しくお願い致します。